ブログ

山珍連続メルマガ小説 ~こうして豚まんは生まれた 壱の巻~ 岡山土産 

こんにちわ!山珍の仁後ですにひひ

今日は、今では2か月待ちの豚まんが、どんないきさつで生まれたのかをお話しさせて頂きたいと思いますアップ

時は遡ること何十年・・・

先代は元々、台湾からの留学生で広島の学校に通っていました。

当時高校生だった先代は(確か高校生だった気が・・)
の時に第二次世界大戦がはじまり防空壕に隠れてお菓子をのんきに食べていたと話してくれました。

そして時は経ち戦後、台湾からの仕送りも途絶えてしまったので、生き残りをかけ!?
(そこまで困窮していたわけではなかったようですが話の流れ上)

学校をやめておでんの屋台を始めたそうです。

その時に売っていたおでんはひどいもので、水と醤油を混ぜたものに
野菜を放り込んで煮ただけという・・・

今では考えられないほど質素なおでんでした。

なぜそんなおでんだったかと言うと、先代は料理のド素人だったのです。

さあ、勇み足で売りに出かける先代。
そんなおでん果たして売れたのでしょうか・・・!?

・・・・・・次回に続く・・・・・・

おでんよりグレードアップした豚まんはこちらから↓↓

BS放送で話題沸騰まであと12日!

今なら1か月でお届け可能です!!

ネット注文はコチラ↓(47)

http://www.47club.jp/32M-000058xpc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加で限定クーポンプレゼント

配達承ります

最近のコメント

ページ上部へ戻る