スタッフ紹介

仁後 玲於奈(社長)

shacho_m山珍の代表の仁後です。幼い頃よりお店に入り浸っていた、生粋の“山珍っ子”。山珍の料理を食べて、感動してもらい、人と人との繋がりを作るキッカケにして貰えたら嬉しいです。感動という言葉を使わせていただきましたが、

『大きな感動を与えられる人になりたい』

そう思ったのには、ある理由があります。1998年サッカーワールドカップでみたロベルト・バッジョを観たときに、僕の身体に電流が流れました。

“あり得ないことを普通にこなす。思いつかないことをやりのける”

ケガで満身創痍の状態でありながら、あんなすごいプレーをする選手を見て、衝撃を受けたのです。そんなバッジョに憧れて、私は、たまたま募集をしていた、イタリアへのサッカー留学の申し込み用紙に名前を書きました。幼少時代から、サッカーを経験していたわけではありません。普通ならあり得ないことなのですが、“感動”とはそれほど、人の心を動かすものなのです。

当然、私は、サッカーの経験がないのに留学をしたわけですから、異国の地で大きな挫折を味わいます。

そんな、追い詰められて、行き詰っていたときに、たまたま寮で同じ部屋のやつが聞いていた「ザ・ブルーハーツ」の曲に、またも強烈に感動をしたのです。「俺のために歌ってくれているのか」と思わせる曲を聞き、勇気づけられ、やる気を取り戻したことを昨日のように思い出します。サッカー選手の夢は敗れましたが、

『自分の提供するもので、たくさんの人を感動させたい。スポーツや音楽を観て気分が高揚するような、そんな感動を与えたい』

という想いが自分の胸に深く刻まれたデキゴトだったのです。私はその感動があったことで、救われました。“人に感動を与える仕事”をしたかった私は、先代より50年以上続くお店を引き継ぐことになったときに「これしかない」と心に決めました。

『山珍の豚まんを、“世界一多くの人に感動を与えた豚まん”にしよう』

スタッフと一丸となって、お店を盛り上げて行きたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

仁後 裕子 (取締役)

静岡から嫁いで早、8年。花嫁修行は豚まん包みでした!笑

今では何でもこなす、山珍を裏で牛耳るドン裕子。

やると決めたらすぐの人なのでスタッフも振り回されることがしばしば!
誰とでもすぐ仲良くなれるのでお客様とも和気あいあいとおしゃべりします。
お気軽に声をかけてください。

山珍のイチオシは看板商品の豚まんじゅう。
キャベツ、玉ねぎなどの野菜とミンチの餡に角煮とうずらを入れ、フワフワのほんのり甘い生地で包み、ふっくら蒸して出来上がった完全手作りの豚まんじゅう。
豚まん製造は山珍、全スタッフとの連携で作られています。

添加物を一切使用していないため、老若男女の方々に安心してお召しいただけます。
ちなみに私の2人の子供たちも大好きで、忙しい朝にも大助かりです!

松本(店長)

何度も先代に怒られてました。

先代に気に入られ、入社して来た松本くん
通称 〝まっちゃん″
当時は荒れてた時期もあり、何度も先代に怒られてました。それでも先代の背中を見ながら一生懸命後を追い、気づけば10年以上時が経ちました。代替わりした今も社長の右腕として、次代を担うエースです。

主に調理を担当していますが、豚まんの製造、接客などもこなします。
アイデアマンで新メニューの考案もどんどんしていきます!

強面の顔ですが、根が優しく良く気が利き今では3児のパパでもあります。
話せば人懐っこい性格なので、どんどん話しかけてくださいね!

僕のイチオシは五目炒飯と肉丼です。
肉丼は特製の醤油だれで甘辛く豚肉を絡めた丼ぶりです。
スタミナつきますよ!

本郷 (接客リーダー)

明るい笑顔と接客で手際の良さもピカイチ!


接客リーダーの本郷さんは勤務年数10年以上!
主にカウンターで接客をしています。

明るい笑顔と接客で手際の良さもピカイチ!
長蛇の列も難なくさばいていきます。

お店の中でも常に小走りでいつも動いています。(いのしし年)

おっちょこちょいな一面もあり、スタッフからたまにいじられていますが、仕事も早く頼りになる存在です。
そんな彼女の癒しはチョコレートを食べること。

チョコをいつも持ち歩いていて休憩中いつも食べてスタッフにも配っています。

私のイチオシは五目炒飯です。
長年愛され続ける名物チャーハンはお子様からお年寄りまで大人気です!

岡 (営業チーフ)

いつも笑顔で応えてくれる岡さんです!

豚まん製造、接客、配達、営業などいろんな事をこなすユーティリティプレイヤーです。
色々な雑務をこなしてくれる頼れるスタッフ。
その優しさに甘えて女性スタッフから多々こき使われてますが 笑

いつも笑顔で応えてくれる岡さんです!
フレンドリーな接客でお客様からも人気大!

接客の合間にはいつもミルクティーで栄養補給しています。
ミルクティー以外のものを飲んでたら逆に周りが心配しているほど 笑

そんな岡さんですが、実は習字を習っていたこともあり、級も取っているので字の丁寧さは山珍1!!
山珍のポップ類は岡さんの手書き作成が多々あります!ぜひ注目してみてください!

矢野 (切り物隊長)

山珍で使っている食材をほとんど切ってくれています。

山珍の進撃の巨人こと矢野くんです。
小4から陸上を始め大学時代は砲丸投げに没頭。
その体つきはまさに巨人!(服のサイズは4L)

重たい物も軽々持ち上げ、大きな中華包丁でひたすら切り物をする、切り込み隊長です。
山珍で使っている食材をほとんど切ってくれています。

大柄でいかつい矢野くんですが、甘いスイーツには目がなく、休みの日でも見つけたスイーツをスタッフに差し入れてくれる心優しいスタッフです。

山珍のイチオシは麺類です!
夏はサラダ冷麺と担々麺。冬は温まるラーメンで年中楽しめます!

細川 (裏調理担当)

新メニューの考案もしています。

山珍で働く前は色んなところで修行をしていた細川さん。通称〝ほっしゃん″
料理のことなら何でも知ってる!ってくらい頭の中には料理の引き出しがいっぱい。
中華以外のイタリアンやスイーツ作りも得意です。

「ちょっと作ってみた」と持ってくるまかないがとてつもなく美味しいです。
普段は裏での調理なのでお客様からは見えませんが山珍のお弁当、お惣菜、ランチメニューを影で支える1人です。
松本くんと連携して新メニューの考案もしています。

山珍のイチオシはチャーハンです。(←僕が作ってます!)
煮込んだ焼き豚と野菜を炒めてパラパラにしています。
ホールメニューの週替わりチャーハンも毎週違った味が楽しめておすすめです!

石原 (調理補佐)

突然面接に来た期待の新星。

ある日、突然面接に来た期待の新星。
その名は〝いっしー″趣味は料理。

普段から料理をしているだけあって仕事の飲み込みが早い!
今ではお店の看板「豚まんじゅう」の味付けも担当しています。調理補佐でもある。
そんな彼は小2から空手を始め、中学、高校共に県大会を優勝。全国大会ベスト16の経歴を持っています!

イケメンな顔立ちで潔癖な部分もあり、とっつきにくいと言われていたが、最近ではスタッフにいたずらするという子供らしい一面もあり。
たまに出店にも出ているので気軽に声かけてあげて下さい。

山珍のイチオシは炒めそばです!特製ダレで炒めた太麺と野菜の相性が抜群。ピリ辛でクセになる味です!